無理せず楽しめるディズニーリゾート
小さいお子さん連れ、おすすめのまわり方

ディズニーランドで子供がきょとん…
その理由とは?
ディズニーリゾートへ家族で!…とは言っても、いろんな家族構成があります。
ここでは小さなお子さん連れのご家族をモデルにして、考えてみました。

お子さんが「ディズニーリゾートに行くのは初めて」といった場合「予習をしておきましょう」
東京ディズニーランドに子供を連れて行ったら、大喜びしてくれるはず...。と、思ったら、ミッキーに会ってもきょとん。
逆に大泣きしてしまう子供もちらほら。
着ぐるみに恐怖感を覚える子供もいるようですが、たいていは2、3歳のまだ小さい子供に多いようです。それは「あのミッキー!!」というイメージが子供にないから。

そう、親しんでないからなのです。

だから、特に小さなお子さんを連れて行く時は、事前にディズニーキャラクターに親しんでおきましょう。そしてディズニーランドに行く前には、子どもに「これから、このミッキーに会いに行くんだよ」など教えてあげましょう。
日常的にディズニーグッズを使っていれば、ディズニーランドへ行った時、子供は大喜び。
初めてのディズニーリゾート。だけど…?
初めてのディズニーリゾート。だけど…?

わくわく、ほのぼの
小さいお子さん向けのおすすめルート
季節によって開園時間がだいぶ違いますが、ここでは午前10時くらいにエントランスに到着、を想定して考えてみました。

到着したらすぐ、「プーさんのハニーハント」、または
「モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”」のファストパスを入手。

どちらも大人気のアトラクション。
空いていれば、1つ乗ったらまたファストパス、という手も使えますが、混雑していたら欲張らないで、1つに絞りましょう。
この足で「イッツ・ア・スモールワールド」へ。
お昼まで時間があれば、「キャッスル・カルーセル」なども。

お昼は「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール」へ。お子様メニューが用意されています。
また、ショーを見せてあげたい!という人は、「ポリネシアンテラス・レストラン」で「リロのルアウ&ファン」を見ながらランチ。こちらもお子様メニューが用意されています。なお、こちらは完全予約制です。事前にホームページから予約を!

その後「ダウンタウン・トゥーンタウン」へ。「ミニ―の家」や「チップとデールのツリーハウス」「ドナルドのボート」など、キャラクターたちのおうちにお邪魔できます。何かあったら触ってみましょう。踏むと声を出すマンホール、開けるとしゃべるポスト…お子様と直接体験してみましょう。
トゥーンパークで遊ばせてあげるのもおススメです。

「ジャングルクルーズ」も、動物が出てきて楽しめます。

後はお子様の余裕があれば夜のパレードや花火をみて、帰りましょう。
もちろん、このルートは一例です。時期や混雑具合でもっとアトラクションを増やして楽しめます。
見るだけでもきれいな外観
見るだけでもきれいな外観
見上げる花火に感動します
見上げる花火に感動します